年賀状の書き方…年賀状

年賀状は、平素ごぶさたしている人や、日ごろお世話になっている人に、年に1回あいさつの手紙を出し、日ごろのごぶさたをわび、変わらぬ厚情を願うものです。

 年賀状は、12月15日から28日までの間に年賀郵便の表示をつけて郵便局に持っていけば、元旦に先方に届くことになります。年賀郵便の表示は、お年玉はがきにはついています。私製はがきの場合は、切手を張るところの下に赤で「年賀」と書きます。

 おつきあいが広くなると、一度に数多く書くことになり、印刷による年賀状を用いることになります。印刷には普通はがきではなく、私製はがき、お年玉はがきを使います。その際に名前のところは印刷せず、自筆で署名すると丁重になります。

 また手書きの短文を添えると、親しみやすいでしょう。

 その他、版画やオフセット印刷にすることもできます。

 あて名は自筆で丁寧に書きたいものです。あて名の文字をまちがえることは大変失礼です。住所や住居表示の変更通知を受け取った相手方に対しては、その新しい所番地で出すことです。そのためにも住所録の整理を絶えず怠らない心掛けが必要です。

 なお、年間に不幸のあった場合には、次の新年を喪中にするのが一般的で、年賀の欠礼状を出します。その場合には12月上旬、相手方が年賀状を書く前に着くようにします。

★必要な例をクリックしてお使いください。
 一般的な年賀状(1)
 一般的な年賀状(2)
 恩師あての年賀状
 上司への年賀状
 転居通知を兼ねる
 結婚の通知を兼ねる
 類語・類句
 手紙・文例集ページへ