時候のあいさつ状…残暑見舞い

 暑中見舞いを書こうと思いながらも多忙に紛れて果たせないことがあります。しかし、8月に入って立秋(8月8日ごろ)を過ぎれば、暦の上ではもう秋になってしまいます。そんなときに出すのが、残暑見舞いです。つまり、暑中見舞いを過ぎたときのあいさつ状です。

 立秋を過ぎると、朝晩は涼しくなりますが、暑さの盛りにむりをしたのが響いて、体調を崩すことも少なくありません。残暑見舞いにはそういう見舞いの意味もあります。残暑の続く8月いっぱいは、残暑見舞いでよいでしょう。

 添え書きには、残暑、秋暑、晩夏、暮夏、残炎など、残りの暑さを表す言葉が中心になります。台風や土用波も季節の言葉です。立秋を過ぎてからかえって暑い場合もありますが、そんなときには、そのことを率直に書き表すのが効果的でしょう。

★必要な例をクリックしてお使いください。
 一般的な残暑見舞い
 残暑見舞いとあいさつ
 残暑見舞いへの礼状
 類語・類句
 手紙・文例集ページへ