だ よ り
2016年3月号 (第3号)


 あぁかぁりぃをぉつけましょぼんぼりにぃー
 
 
 今号も、2号に引き続き自己紹介文を掲載させていただきます♪。ご協力本当にありがとうございました。五月雨方式で順不同のご紹介になっております。あしからずご了承いただきますと幸いにぞんじます。
 自己紹介以外に紙面をご利用になりたい方、いい考えが浮かんだ方のご要望がございましたら、可能な限りお応えしたいと思っております。気軽に三浦先生にお声をかけてくださいませ。文責者は対人恐怖症があるため、気軽に声をかけると発病する可能性があります(。というわけで、窓口三浦先生でよろしくお願いいたします♪
 今回から不定期で最近の病気シリーズを掲載しようと思います。体験談等ございましたら、提供お待ちしております。よろしくお願いいたします。
                                       (文責者:Sさん)


 最近の病気シリーズ @

脳脊髄液減少症(低髄圧症)
 近年認知され、ブラッドパッチという治療法が施行されていました。二〇一六年四月から保険適用が開始されます。交通事故や出産後に長く続く頭痛や吐き気、めまいなどの原因が一部医師の研究と、治療効果によって判明。鞭打ちのことです。これは、脊髄液が外傷性のショックで体内に漏れ、脳内圧が減少して、脳そのものが固定できずに起こる症状だとのことです。診断ですが、普通のMRIやレントゲンなどでは分かりません。RI(アールアイ)シンチCTミエロで脊髄液が体内に漏れている様子を放射性物質のマーキングで可視化する検査でしか診断できず、専門の整備が必要です。ブラッドパッチは自分の血でその傷口をふさぐ治療です。一度で効果のある人が半分。たいていは複数回、時間をおいて試みます。完治する割合は七割です。脳神経外科の分野ですが、対応出来る先生がなかなかいらっしゃいません。横になると楽になったり、塩水を飲むと頭痛が和らぐ場合は、「この病気」での受診をお勧めします。
     


 戻る