2018年7月号 (第31号)

  ルピカフェだより  (7月よりルピカフェの情報を発信していこう、ということでルピカフェ通信を発行することになりました!)
  こんにちは、ルピカフェです。
 
 現在ルピカフェでは個人講座を主におこなっていますが、そのほかに毎月1回イベントを行うことになりました。
 今回は羊毛フェルトを使っての小物づくりとクリップにデコレーションなど、親子で楽しめる企画になっています。
 これから色々なイベントを考えていきますので、ルピカの皆さんも大勢の参加をお待ちしております。
 

  卒業します!  (A・Sさん)
    皆さんこんにちは!
 私は6月14日でルピカ(就労移行支援事業所)を卒業することになりました。
今まで6カ月間パソコンの勉強をやってきてスキルアップ出来たと思っているし、休み時間も皆さんと沢山お話しすることができ、本当に楽しかったし幸せでした。
 いきなりの出来事でまだ離れる覚悟は正直出来ていないです(笑)
でもまた新しい環境で頑張らないと!
 またいつか「卒業生」として遊びに行くので、待っていてくださいね。
 皆さんもスキルアップのため、就職のためにこれからもパソコンの勉強をがんばってください! 
  では、またっ!
 
  就職おめでとうございます! 遊びに来ていただくのを楽しみにしております。

  初めての音声おこし (Y・Oさん)
 以前から皆さんのお話を聞いて、音声おこしの作業をやってみたい! と楽しみにしていました。いざ、音声おこしの作業に入るとなった時、まさかのぶっつけ本番で。簡単なルールは教えていただいたのですが、分からないことだらけで、すごく緊張しました。
 最初は聞こえた言葉を全て打ち込んでいましたが、途中から「えー」や「あのー」といったところを要らないだろうと勝手に抜いたりしていました。
 お昼からの作業で10分ほどの分しかできなくて、難しさを痛感しました。
     
     答え(納品版)が届いたので、聞いてみると、変なふうにに聞き取っていたところがあったりして面白かったです。
 今回、初めて音声おこしをやってみて、ただ、聞こえた言葉を打つだけではなく、いろいろな知識も必要だなと感じました。 
  早く、皆さんのようになりたいので、頑張ります。         

  私の毎年の欠かせない行事   (R・Sさん)
     私には毎年、年に1~2回ライヴのエントリーをする事、その確認をする作業が欠かせません。当選している時は、ローソンに行き、支払いをします。
 2017年、18年は、大好きなグループのライヴに「参戦」し、前列の大好きなメンバーを見れた時は涙が止まらず一緒に歌えないほどでした。
 今年も11月と来年の1月のライヴに参戦するために、フェルトを使い、好きなメンバーの人形を作るために、頑張って作成したいと思います。
 今年こそフリスビーが私の所に来ますように…。
 フリスビーってこういうのですか?

  -ONE OK ROCK-         (T先生)
    まず初めにルピカだより登場の時にお話していた趣味が、またひとつ増えました。
ライブに「参戦」することです。
 「ONE OK ROCK」というバンドはご存じですか? 私もまだ1年未満のファンですが、彼らのことを知っていく度に夢中。音楽に全力で取り組む姿勢、現状維持では満足せず、常に上を向いて世界を視野に入れての行動力などファンとして尊敬する部分です。
 彼らは結成から13年になるロックバンドですが、テレビに出る機会がなく、私も知る機会がありませんでした。
 好きになったきっかけはCMソングに起用されている「wherever you are」
 この曲が流れるたびに誰が歌っているのか気になり調べたのがきっかけでした。
 それからは、ファンクラブにも入り、ライブが発表されると名古屋・福岡のチケットを購入して一人で名古屋まで行ってきました。初ライブでの一人はハードルが高いと思いますが、いちおう私は一人ディズニーも経験している、ある意味上級者みたいなものなので、何の抵抗もなく、恥ずかしいと思うこともなく楽しむことが出来ました。(笑)
 
 
 初ライブはビックリすることの連続でした。ファンの人たちによる横断幕の作成が行われていたり。
 ライブ開催前にファン大勢が集まり、メンバーに対するメッセージを記入するのですが、その時のファンの皆の団結力に驚かされました。(その後は撮影などもおこなっていました)
 ライブ中は会場内でみんな手をずっと上げたまま、自らも歌いながらリズムを取り、ジャンプし、途中でロックバンドらしくヘドバン(頭を上下にするの?)をし。最後には皆のメッセージ入りの横断幕をメンバーに向かって投げ渡すなどライブならではの興奮状態です。 終始激しいライブ時間でしたが、とてもいい刺激で、TAKAの歌声の虜になりました。
 思わず熱く語ってしまいましたが、それほど素晴らしいバンドなので、ぜひ一度聴いてみてください。     

  いろんなお話を教えてくださり、ありがとうございます!(更新担当Fより)

  戻る