ルピカだより
 るぴかマークweb版
 2019年2月号(第38号) 

 寒い?暑い?
   大寒(1年で最も寒い日と言われる24節気。1月20日だった)はかろうじて「寒い日」でしたが、今年の冬は朝晩を除いてあまり寒くないなあ、と思っているのは私(文責)だけでしょうか。わが家で、炬燵(こたつ)を出したのは正月が開けてから。
 お正月、鏡開きのときに餅についているカビの様子で、今年のお天気を占うそうです。「赤カビは日照り、青カビは雨」。昔は大寒の頃に鏡開きをしていたらしいので、かなりカビていたのではないでしょうか。
 
  青カビはよくある普通のカビですが、赤カビは大陸性高気圧の勢力が強い冬に出やすく、夏も日照りになりやすいそうです。どちらも毒性のあるカビがあるので、食べる場合は相応の覚悟が必要ですね。
 鏡餅の接触面はよくカビています。湿気が籠りやすいのでしょう。わが家の今年の鏡餅には赤カビはついていなかった気がします。
 青カビはお薬の素、ペニシリン系が多いそうです。「鏡餅を食べると、今年1年病気をしない」と言われていたのは、それかも。
 

   ※2018年11月より パソコン教室「PCクリエイト」と「ルピカフェ」が一緒になり、「パソコン教室 からんくらす」になりました。
  まだまだ寒い日が続きますね。今回は、個人講座の生徒さんからお聞きした地元の良いお話をしようかと思います。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、「高瀬絞り木綿」って知ってますか?
 日本においては高瀬絞りが日本最古の絞りともいわれ、鳴門絞り・有松絞など各地へ広がっていったそうですよ。地元プチ情報でした。(よっちゃん先生) 
 よっちゃん先生、ありがとうございます。いろんな生徒さんがいらっしゃるんですね!
 いまから20年ほど前には最古のひとつでしたが、最近発見された文書資料から高瀬絞り木綿の年代がさかのぼり、最古ではないかと言われるようになったそうです。
こういう絞りの風呂敷などを、よく使っていた気がします。浴衣の柄にもこの辺では絞りがありましたね。
 今でも身近にこういう伝統が息づいているんですね。
 

  資格取得おめでとうございます!
     サーティファイExcel 表計算処理技能認定試験 3級   
   I・S さん
 Excelの3級に合格しました。人生初の資格取得なので、嬉しかったです。
 将来的に事務系の仕事がしたいと思っているので、自分のスキルアップにも良かったです。 これからはもっと上の級にも挑戦していきたいと思います。 

  現在放送中の大河ドラマ「いだてん」の主人公でもある金栗さんのお宅には「学校部屋」という廊下スペースを区切ったものがあって、そこで勉強されていたそうです。
 兄弟が多いので、集中するために勉強スペースを占有されていたんでしょうね。いまの子ども部屋に通じるものがあると思います。
 学んだことは奪われないそうです。楽しく勉強しましょう。
 

  旬の味☆堪能しました!
    Siさんより 「牡蠣奉行」 報告 2019年1月
熊本パルコにて開催中の、出張牡蠣小屋「牡蠣奉行」にお友達と行ってきました!(~H31年3月17日まで開催されているもよう)
 復興支援として宮城県産牡蠣を使用した牡蠣小屋を全国に展開しているのだそうです。
 焼き牡蠣・牡蠣フライ・牡蠣ご飯・牡蠣汁を堪能してきました。美味しく楽しい時間でした。(写真提供:Siさん)
     

  最近の病気シリーズ⑥
  脂質異常症 (高脂血症)
  血液中の脂質の異常を総称して「脂質異常症」といいます(以前の高脂血症)。基準値より中性脂肪(TG)、悪玉コレステロール(LDL)値が高く善玉コレステロール(HDL)値が低い場合を言うそうです。
 すぐに出る自覚症状はないのですが、放置すると血管の壁に血液中のコレステロールが付着して動脈硬化が進行し、心筋梗塞脳梗塞下肢の動脈閉塞など、命に関わる病気や日常生活に支障をきたす病気を起こしやすくなります。
   診断は血液検査で行います。脂質異常症の程度が強い場合には、それが分かった段階で心臓の異常がないか、動脈硬化が進んでいないかなどを、心電図血圧脈波検査頚動脈エコーで確認します。
 特に女性は閉経後、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減り、脂質異常症によくなるそうです。それまで生活習慣での無理を引き受けていた「はしご部分」を外される感じでしょうか。
 脂肪細胞がある程度、エストロゲンの作用をする物質を分泌するらしい(アディポサイトカイン)のですが、脂肪細胞の量が多すぎるとその物質が変化し、かえって血栓を作りやすくしたり、インスリンの働きを妨げたり(糖尿病促進など)するものを出すようになるとか。 ものの本には「脂肪細胞の不良化」と書かれていました。
   脂肪細胞は適度にある時は健康維持に重要な役目を果たして、約10年間お勤めをしてくれる丈夫な細胞だそうです。でも、LDLが運んでくるコレステロールが超増加し、自分の細胞内で蓄えられない量になると、分裂して増え、それぞれが蓄えられるだけ蓄え、また増え、という感じで増加するそうです。理論上は無限に。「試さないでください」と書いてありましたが、試しているつもりがなくても実行している場合がありそうです。
    文責は、先日脂質異常症が判明した後、食事療法と運動療法を実施しましたが、3カ月たっても効果が表れませんでした。主治医の処方で服薬を始め、1週間後正常値になりました。極端な例ですが、生活習慣の改善だけでは効果がない場合、服薬が有効かもしれません。    

  戻る